公益財団法人練馬区文化振興協会
お問い合わせ電話番号 03-6914-7305
HOME > 協会概要 > 定款・事業計画等
定款・事業計画等
定款・規程
公益財団法人練馬区文化振興協会 定款
役員および評議員の報酬および費用に関する規程
経営計画
公益財団法人練馬区文化振興協会 経営計画(基本計画 令和2~6年度/年度別計画 令和2~4年度)
令和3年度事業計画
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、令和2年度においては、多くの事業が中止や延期を余儀なくされました。また、公演事業については50%の定員制限がかかるなど、事業運営面だけでなく収益面でも大きな影響を受けています。感染症が収束するまで、まだ時間がかかることが想定されます。今後も区民が安心して文化芸術を楽しんでもらえるよう、事業実施にあたっては引き続き感染症防止対策を適切に講じるとともに厳しい財政状況の中であっても「何ができるか」の視点を大切にし、質の高い文化芸術事業を展開していきます。 これを踏まえ、(公財)練馬区文化振興協会は、以下の方針を基本的な考え方として令和3年度の事業計画を策定します。
1.
令和3年度より5年間、練馬文化センター、大泉学園ホール、練馬区立美術館および石神井公園ふるさと文化館の4施設一括の指定管理者となります。また、令和2年度に策定した公益財団法人練馬区文化振興協会経営計画に基づき、各施設の魅力を最大限引き出せるよう、施設間連携を強化し、中期的な視点で事業の充実に取り組んでいきます。
2.
練馬区は10~30年後の将来像である「グランドデザイン構想」(平成30年6月策定)への道筋を示す基本計画と、具体的な実行計画であるアクションプランからなる「第2次みどりの風吹くまちビジョン」を、平成31年3月に策定しました。協会は区の文化芸術施策の方向性を下支えするため、区と密接に連携し、事業展開をしていきます。
3.
協会が常に発信している「質の高い文化芸術を区民の皆様に届けたい」という考えを各事業の中で具体化します。伝統芸能をはじめ音楽、映像事業、美術および伝統文化など、区民の皆様に良質な事業を提供します。
令和3年度:事業計画書・予算書
令和3年度予算書:事業計画書
令和3年度予算書:収支予算書
令和3年度予算書:資金調達および設備投資の見込みについて
令和2年度:予算書
平成31年度:予算書
令和元年度:決算書
平成30年度:予算書
平成30年度:決算書
平成29年度:予算書
平成29年度:決算書
平成28年度:予算書
平成28年度:決算書
平成27年度:予算書
平成27年度:決算書
平成26年度:予算書
平成26年度:決算書
平成25年度:予算書
平成25年度:決算書
Page top
地図
電話
お問い合わせ
twitter
練馬区文化振興協会公式チャンネル
練馬区
公益財団法人練馬区文化振興協会