練馬区立美術館
公益財団法人練馬区文化振興協会
お問い合わせ電話番号 03-3577-1821
HOME > 展覧会
展覧会
小野木学 絵本原画展 ぼくの中のコドモ
2017.11.26(日)~ 2018.02.11(日)
練馬区ゆかりの画家、小野木学(1924~1976)の展覧会です。創作絵本『かたあしだちょうのエルフ』をはじめ、当館が所蔵する挿絵や絵本原画を中心に展示します。
練馬区独立70周年記念展 サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法
2018.02.22(木)~ 2018.04.15(日)
フランスを代表するポスター作家であるレイモン・サヴィニャック(1907-2002)の回顧展を開催します。フランスのフォルネー図書館のコレクションを中心に、200点近い作品群を紹介します。
戦後美術の現在形 池田龍雄展-楕円幻想
2018.04.26(木)~ 2018.06.17(日)
池田龍雄(1928年~)は、多彩な芸術家や美術評論家と交わりながら、90歳を控えた今もなお、旺盛に作品を発表し続けています。本展では、戦後日本の美術を代表する一人である池田龍雄の画業を、社会的背景を探りながら紹介します。
生誕120年 中村忠二展 オオイナルシュウネン
2018.06.22(金)~ 2018.07.29(日)
中村忠二(1898~1975)は、兵庫県に生まれ、晩年の20年間を練馬区貫井で過ごした作家です。油彩や墨絵、モノタイプの作品など約80点を紹介します。
芳年-激動の時代を生きた鬼才浮世絵師
2018.08.05(日)~ 2018.09.24(月)
スピード感あふれる武者絵から、重厚かつ迫力ある歴史画、時代を感じさせる風俗画、うるわしの美人画まで傑作ぞろいの263点を展示。“最後の浮世絵師” 芳年の画業の全貌に迫ります。
笠井誠一展 -形の世界-
2018.10.07(日)~ 2018.11.25(日)
笠井誠一(1932~)は札幌市に生まれ、東京と愛知を中心に活躍してきた油彩画家です。初期から近作まで、静物画を中心に資料等を含め、約120点を展示します。
人間国宝・桂 盛仁 金工の世界-江戸彫金の技-
2018.12.01(土)~ 2019.02.11(月)
江戸からの金工の流れをくむ、彫金の人間国宝、桂盛仁(1944生)の帯留金具や香合などを展示。父、桂盛行やルーツとなる明治期の作品も併せて紹介します。
 
Page top
地図
電話
お問い合わせ
練馬区立美術館のツイッター
練馬区立美術館のブログ
練馬区
練馬区立美術館