練馬区立美術館
公益財団法人練馬区文化振興協会
お問い合わせ電話番号 03-3577-1821
HOME > 展覧会
展覧会
生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和【臨時休館日あり】
2020.02.21(金)~ 2020.04.12(日)
友の会特典
展覧会ご招待
特典あり
津田青楓『うづら衣』(山田芸艸堂)より 1903年 木版、紙 スコット・ジョンソン蔵
津田青楓《婦人と金絲雀鳥》 1920年 油彩、キャンバス 東京国立近代美術館

 1880年(明治13)に京都市中京区に生まれた津田青楓(つだせいふう、1880~1978、本名・亀治郎)は、1896年(明治29)に生活の糧として図案制作をはじめたことから画家人生の第一歩を踏み出します。歴史画家谷口香嶠に師事し日本画を学び、関西美術院では浅井忠らにデッサンを学んで、1907年(明治40)に安井曾太郎とともに渡仏。アカデミー・ジュリアンで修行します。帰国後の1914年(大正3)には二科会の創立メンバーになるなど洋画の世界で活躍し、後に洋画を離れ、文人画風ののびやかで滋味豊かな作品世界を展開していきました。 

 青楓は文豪夏目漱石に愛され、彼に絵を教えた画家であり、漱石らの本の装幀も数多く手がけました。また、写生にもとづく創造的な図案の試みや、随筆や画論など多岐にわたる文筆活動、それに良寛研究とその成果ともいえる書作品など、幅広い交流と旺盛な制作活動で知られています。しかし、さまざまな分野で足跡を残した青楓ですが、これまでまとまったかたちで作品やその生涯を紹介する回顧展は開催されていません。

 青楓は、長生でもありました。青年時代には日露戦争に従軍し、203高地の激戦に居合わせ、その凄惨な体験を赤裸々に文芸雑誌『白樺』に発表しています。昭和初頭には、二科展に社会思想を背景とした作品を発表し、物議をかもしました。自由を求めて時代に対峙しつづけた青楓の作品は、その時代を知るための歴史資料としての側面も持ち合わせているでしょう。

 本展では、交友のあった夏目漱石と経済学者河上肇、それに私淑する良寛和尚と、青楓がもっとも影響を受けた3人を軸にしながら、作品や関連資料約250点を通して、明治・大正・昭和の時代を生きた画家津田青楓の生涯を振り返ります。


<開催案内>
生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和 
会 期  2020年2月21日(金)~4月12日(日)
休館日  月曜日
     ※ただし、2月24日(月・休)は開館、翌25日(火)は休館
臨時休館日 3月28日(土)・29日(日)、4月4日(土)・5日(日)・11日(土)・12日(日)
      
臨時休館についての詳細はこちらのページよりご確認ください。

開館時間 午前10時~午後6時 ※入館は午後5時30分まで
観覧料  一般1,000円、高校・大学生および65~74歳800円、
     中学生以下および75歳以上無料、
     障害者(一般)500円、障害者(高校・大学生)400円、
     団体(一般)800円、団体(高校・大学生)700円
     ぐるっとパスご利用の方500円(年齢などによる割引の適用外になります)
     練馬区文化振興協会友の会会員ご招待(同伴者1名まで)
     ※観覧当日、受付で会員証をご提示のうえ、招待券をお受取ください。

     ※一般以外のチケットをお買い求めの際は、証明できるものをご提示ください。
      (健康保険証・運転免許証・障害者手帳など)
     ※障害をお持ちの方の付き添いでお越しの場合、
      1名様までは障害者料金でご観覧いただけます。
     ※団体料金は、20名様以上の観覧で適用となります。

主  催 練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)
特別協力 笛吹市青楓美術館
助  成 公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団

<会期中のイベント>
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と区民の皆さまの不安解消のため、津田青楓展期中のイベントはすべて中止とすることにいたしました。イベントへの参加を予定されていた皆さま、運営にご協力いただいた皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

津田青楓《フランス刺繍花と鳥》 1913年 笛吹市青楓美術館
津田青楓(装幀) 夏目漱石『道草』(岩波書店)  1915年 県立神奈川近代文学館寄託
津田青楓《犠牲者》 1933年 油彩、キャンバス 東京国立近代美術館
津田青楓《描更紗鶴図衝立》 1916年頃 描更紗、布 笛吹市青楓美術館
津田青楓《薔薇鶏之図》 1917年 絹本着彩 笛吹市青楓美術館
Page top
地図
電話
お問い合わせ
練馬区立美術館のツイッター
練馬区文化振興協会公式チャンネル
練馬区
練馬区立美術館