練馬区立美術館
公益財団法人練馬区文化振興協会
お問い合わせ電話番号 03-3577-1821
HOME > 展覧会
展覧会
練馬区独立70周年記念展 没後20年 麻田浩展 ―静謐なる楽園の廃墟―
2017.09.28(木)~ 2017.11.19(日)
麻田浩《蕩児の帰宅(トリプティックのための)》1988年 油彩・キャンバス 個人蔵
麻田浩《御滝図(兄に)》1990年 油彩・キャンバス 東京オペラシティ アートギャラリー蔵
麻田浩(1931~97)は、日本画家、麻田辨自を父に、同じく日本画家、鷹司(1928~87、2000年に当館で回顧展を開催)を兄に持つ、美術家の一家に生まれました。同志社大学経済学部に入学するものの、画家への道は捨てきれず、新制作協会に出品、在学中に初入選を果たします。
初期にはアンフォルメルに傾倒しましたが、1963年、初めてのヨーロッパ旅行にて古典絵画を再確認したことで、徐々に変化が表れます。1971年、39歳のとき再度渡欧。パリを拠点に、より幻想的な風景画を生み出し、新制作展や安井賞展などに出品し続けました。また、ヨーロッパ滞在期には版画制作にも力を入れ、カンヌ国際版画ビエンナーレではグランプリを獲得。フランス・ドイツ・ベルギーなどでも個展を開催しています。
1982年、50歳で帰国。京都に戻り、京都市立芸術大学西洋画科の教授を務めながら、水滴や羽根などの自然物を配した「原風景」とともに、「原都市」と名づけられた美しき廃墟空間を描き続けました。1995年には京都市文化功労者となり、同年に第13回宮本三郎記念賞を受賞するなど活躍を続けていましたが、1997年、65歳で自ら命を絶つこととなります。
本年は麻田が没して20年という記念の年にあたります。初期から晩年まで、約140点の油彩画、版画等を通し、麻田の画業を振り返る展覧会です。

<開催案内>
練馬区独立70周年記念展
没後20年 麻田浩展―静謐なる楽園の廃墟―
会 期
  2017年9月28日(木)~11月19日(日)
休館日  月曜日 *ただし、10月9日(月・祝)は開館、翌10日(火)は休館。
開館時間 午前10時~午後6時 *入館は午後5時30分まで
観覧料  一般800円、高校、大学生および65~74歳600円
     中学生以下および75歳以上無料、
     障害者(一般)400円、障害者(高校、大学生)300円
     団体(一般)600円、団体(高校、大学生)500円
     ぐるっとパスご利用の方300円(年齢などによる割引の適用外になります)
     ※一般以外のチケットをお買い求めの際は、証明できるものをご提示ください。
     (健康保険証・運転免許証・障害者手帳など)
     ※障害をお持ちの方の付き添いでお越しの場合、1名様までは障害者料金でご
      観覧いただけます。

主 催  練馬区立美術館(公益財団法人 練馬区文化振興協会)、日本経済新聞社

図 録  『麻田浩 静謐なる楽園の廃墟』(図録兼書籍/青幻舎)

一部展示替えがあります。
 前期(~10月20日)のみの作品は、
  《水のはなし》(1)~(10)の10点と《デッサン(女性)》1点
 後期(10月21日~)のみの作品は、

  《H・ファーブル昆虫記より》シリーズの7点と《デッサン(女性)》1点
 その他の作品は全期間展示。



<会期中のイベント>
講演会、ギャラリートーク、ワークショップなどを開催、詳しくは こちら


相互割引
練馬区立石神井公園ふるさと文化館開催の特別展「描かれた練馬ー変わる風景・変わらない風景ー」(9月16日(土)~11月5日(日))と相互割引があります。
会期中、本展と上記展覧会のそれぞれの半券を各館窓口でご提示いただくと、各種料金から100円引きでご覧いただけます。(1枚につき1名様有効)

特別展「描かれた練馬-変わる風景・変わらない風景」については こちら


<同時期開催>
南丹市立文化博物館(京都府南丹市園部町小桜町63番地)
秋季特別展「麻田浩展~小さな絵の世界~」
会期 2017年9月30日(土)~11月26日(日) 

南丹市立文化博物館については こちら
秋季特別展「麻田浩展~小さな絵の世界~」については こちら

 
麻田浩《落水風景》1973年 油彩・キャンバス 個人蔵
麻田浩《Fenȇtre et Terre》1974年頃 リトグラフ・紙 練馬区立美術館蔵
麻田浩《原都市》1983年、油彩・キャンバス 公益財団法人中信美術奨励基金蔵
麻田浩《庵(ラ・タンタション)》1991-93年 油彩・キャンバス 京都国立近代美術館蔵
Page top
地図
電話
お問い合わせ
練馬区立美術館のツイッター
練馬区立美術館のブログ
練馬区
練馬区立美術館