練馬区立石神井公園ふるさと文化館
公益財団法人練馬区文化振興協会
お問い合わせ電話番号 03-3996-4060
HOME > 展覧会・イベントほか
展覧会・イベントほか
分室特集展示「生誕100年 五味康祐 -時代は揺れ、五味は書いた」
2021.04.17(土)~ 2021.06.27(日) / 分室(練馬区ゆかりの文化人に関する展示室)

会 期:令和3年4月17日(土)~6月27日(日)
    ※4月25日(日)~5月11日(火)は休館に伴い、中止しております。

会 場:練馬区立石神井公園ふるさと文化館分室1階展示室
    東京都練馬区石神井台1-33-44 石神井松の風文化公園内

観覧料:無料

大正時代に生まれ、戦争を生き抜き、戦後『柳生武芸帳』や『薄桜記』などの剣豪小説で一世を風靡し、現在の石神井・大泉地域に住んだ練馬区ゆかりの芥川賞作家、五味康祐(大正10(1921)年~昭和55(1980)年)の生誕100年を記念する特集展示です。

五味康祐というと、長髪でいつも和服をまとい、「柳生もの」の剣豪小説や、「オーディオの神様」とも呼ばれる音響分野、音楽エッセイ、テレビ出演で有名になった人相手相の観相、野球評論、麻雀指南など、多くの顔を持っている印象です。ほんとうの五味さんはどこにいるのでしょうか。

展示では、蔵書やレコードコレクションなども含めて約2万点におよぶ五味コレクションのなかから、今回初めて明らかになった、純文学を志した時代の足跡や、受賞から68年目にしてようやく所在が判明した芥川賞正賞(時計)などを含めて展示し、戦中から戦後の高度成長期を時代の鏡のように生きたひとりの作家の求めたものを探ります。

 会期中のイベントでは、現代に生きる兵法「柳生新陰流」の実演を伴う講座や、五味コレクションのピアノによるクラシックコンサートを行います。ぜひご覧ください。

・写真(上) 練馬区大泉学園町の自宅書斎にて 昭和51年 写真提供:文藝春秋
・写真(下) 若き日の五味康祐 千鶴子夫人と :当館蔵 

【会期中のイベント】
①ふるさと文化講座「現代に生きる柳生新陰流」
お話しと演武:柳生新陰流兵法第二十二世宗家 柳生耕一平厳信 氏
日 時:5月8日(土)14:00~15:30
会 場:石神井公園ふるさと文化館分室 2階 多目的室
定 員:50名(多数の場合は抽選)
参加費:無料
申 込:往復はがきまたは電子メールにて4月8日(木)必着

②五味康祐ゆかりのピアノによるミニコンサート「五味康祐の愛したベートーヴェン」
ピアノ:守重 結加 氏
日 時:6月6日(日)14:00~15:00
会 場:石神井公園ふるさと文化館分室 2階 多目的室
定 員:50名(多数の場合は抽選)
参加費:100円
申 込:往復はがきまたは電子メールにて5月7日(金)必着

<会期中イベントの申込方法>
往復はがきまたは電子メールにて
①イベント名
②氏名(ふりがな、2名まで※)
③住所
④電話番号 を記入の上、石神井公園ふるさと文化館へ

往復はがきの場合=〒177-0041 東京都練馬区石神井町5-12-16
電子メールの場合=event-furusato@neribun.or.jp

Page top
地図
電話
お問い合わせ
twitter
line
練馬区文化振興協会公式チャンネル
練馬区
練馬区立石神井公園ふるさと文化館