公益財団法人練馬区文化振興協会(練馬区立練馬文化センター/練馬区立大泉学園ゆめりあホール)
文字サイズ
イベント 施設案内 協会概要 文化団体支援 広報誌・友の会 アンケート・お問い合わせ
ジュゼッペ・サッバティーニ 声楽公開レッスン受講者募集
世界的なテノール歌手として人気を博した後、現在は高い音楽性と深いスコア読みで指揮者、声楽指導者として確実なキャリアを築くジュゼッペ・サッバティーニ。主要な国際コンクールの審査員のほか、サントリーホール オペラ・アカデミーのエグゼクティブ・ファカルティを務め、世界に通用する若手歌手の育成に力を注いでいます。今回、練馬文化センター小ホールで開催するサッバティーニ氏の声楽公開レッスン受講者を募集します。
※レッスン聴講希望の方はこちらをご参照ください

■応募要項

【日時】2017(平成29)年5月17日(水) 18時〜(21時頃終了予定)
    受講者 集合時間:16時(予定)

【会場】練馬文化センター 小ホール

【対象】将来プロの声楽家を目指している大学生以上で、
    2017(平成29)年1月6日(金)現在30歳以下の方

【受験料】5,000円 (練馬区在勤・在学・在住は3,000円)

【審査方法】音源審査(課題曲2曲を1枚のCDに収録のこと)

【課題曲】次の2つの区分ごとにイタリア語による歌曲またはオペラ・アリアを1曲ずつ
     自由選択(計2曲)
     @ロッシーニ〜ヴェルディの時代の作品(ベルカント)
     Aプッチーニ以降の作品(ヴェリズモ)

【申込書配布場所】練馬文化センター
         大泉学園ゆめりあホール
         本ホームページ下部よりダウンロードできます。

【応募方法】申込用紙に必要事項を記入の上、写真を添えて下記申込先へ持参もしくは郵送。応募者には参加費の振込先を別途お知らせします。
  
【応募締切】2017(平成29)年 1月6日(金)必着

【結果通知】ジュゼッペ・サッバティーニ氏による音源審査後、
      2017(平成29)年2月下旬までに全員に結果を連絡します。 
 
【その他】・公開レッスンは日本語通訳付きで行います。
     ・伴奏者は受講者本人がご手配ください。
     ・応募書類ならびに音源の返却はいたしませんのでご了承ください。
     ・審査内容についてのお問合せには応じられません。
     ・いただいた個人情報は本企画にのみ使用するものとします。
     ・受験料の入金後の返金はいたしかねます。
     ・応募者については、公開レッスン当日の聴講を無料とします。 

【申込先・問合せ】(公財)練馬区文化振興協会 
          〒176-0001 東京都練馬区練馬1−17−37
          練馬文化センター内 事務局 「声楽公開レッスン」担当 宛
          TEL:03-3993-3311 FAX:03-3991-9666
          Email:jigyou@neribun.or.jp
          ※詳しくは募集詳細をご覧ください。 


【講師 ジュゼッペ・サッバティーニ Giuseppe Sabbatini】
世界的なテノール歌手として日本でも絶大な人気を誇っていたが、2007年から指揮者・声楽指導者に転向。指揮ではイタリア、ロシア、日本を中心に世界各地で活動し、マリエッラ・デヴィーアら一流歌手と共演。13年ソフィア歌劇場『ヴェルテル』で絶賛を浴び再演も指揮。同年10月にはイタリアのノヴァーラでヴェルディ『マクベス』の新プロダクションを指揮して新聞各紙で好評を得た。14年、マケドニアとタイで『ドン・ジョヴァンニ』と『ラ・ボエーム』を指揮。サントリーホール オペラ・アカデミー横須賀公演ではこれまでに『コジ・ファン・トゥッテ』『愛の妙薬』『ラ・ボエーム』を指揮、いずれも好評を博している。声楽指導者としては、これまでに母校のサンタ・チェチーリア音楽院(ローマ)やヴェルディ音楽院(ミラノ)、イタリア国立ラティーナ音楽院等で教鞭を執るほか、マリア・カラス国際声楽コンクール等で審査委員長を務めた。サントリーホール オペラ・アカデミー エグゼクティブ・ファカルティ。
(写真提供:サントリーホール)
申込用紙
募集詳細
声楽公開レッスン
前のページへ戻る
このページの先頭へ
Copyright (C) 公益財団法人練馬区文化振興協会. All rights reserved.