公益財団法人練馬区文化振興協会(練馬区立練馬文化センター/練馬区立大泉学園ゆめりあホール)
文字サイズ
イベント 施設案内 協会概要 文化団体支援 広報誌・友の会 アンケート・お問い合わせ
大谷理事長が練馬区議会議場にてヴァイオリンを演奏を披露
平成28年第二回練馬区議会定例会初日である6月1日(水)、
当協会理事長である大谷康子氏が
開会前に議場にてヴァイオリン演奏を披露しました。

大谷理事長は
「音楽をはじめ、芸術、文化があふれる街…が私の夢です。
子どもたちにとっては芸術文化に触れることによって、
感性豊かな大人に育ってほしいと願っています。
また、介護施設や福祉施設でも、音楽や絵が大きな力を発揮しています。
大好きな町練馬で、心穏やかになかよく暮らしていけるように、
微力ではありますが文化面で、精一杯務めさせていただくつもりです。
どうぞよろしくお願いいたします。」
と話しました。

エルガー作曲『愛の挨拶』、クライスラー作曲『愛の喜び』、
モンティ作曲『チャルダッシュ』の3曲を演奏すると
会場は大きな拍手に包まれました。
 
演奏の様子
練馬区議会ホームページ
前のページへ戻る
このページの先頭へ
Copyright (C) 公益財団法人練馬区文化振興協会. All rights reserved.