公益財団法人練馬区文化振興協会
お問い合わせ電話番号 03-3993-3311
HOME > 協会概要 > 定款・事業計画等
定款・事業計画等
定款・規程
公益財団法人練馬区文化振興協会 定款
役員および評議員の報酬および費用に関する規程
平成28年度 事業方針
(公財)練馬区文化振興協会は、平成26年度に石神井公園ふるさと文化館、27年度に練馬区立美術館の指定管理を受託し、博物館・文芸室的事業、美術館事業の活動拠点を得て、活動の幅を広げてきました。本年4月からは、練馬文化センター、大泉学園ホールの指定管理を受託することとなり、さらに活動の場が大きく広がることとなりました。これを受け、新理事長着任もあり、組織体制を強化し、より質の高い事業展開ができる体制を整えました。新年度は、昨年策定した行動計画(アクションプラン)に基づき、活動拠点となる各施設の魅力を高めるとともに、協会ならではの施設間連携事業にも取組み、さらなる区民文化の向上と区民の自主的な文化活動の促進に取り組んでいきます。
平成28年度は、下記の方針により事業計画を策定します。
練馬文化センター、大泉学園ホール、石神井公園ふるさと文化館、練馬区立美術館において、優れた文化芸術事業を提供し、鑑賞機会の充実を図ります。
区民が身近な地域で良質な文化芸術に触れることができるよう、まちなかコンサートなどの地域に根差した事業の充実を図ります。
未来を担う若い世代に、文化芸術の発表の場や優れた文化芸術に触れる機会を提供します。また、若い芸術家に発表する機会を提供し、新進芸術家の誕生を支援します。
区民が直接文化芸術に身近に触れ、体験する機会としてワークショップなどの参加・学習型の事業を充実します。また、学習の成果を活かす場として、サポーター活動を支援します。
区内三大学との連携により、大学の特色を活かした多様な文化芸術事業を引き続き展開します。
舞台系芸術、地域の伝統文化・文芸・美術、という多彩な文化芸術活動拠点を持つ利点を活かし施設間連携を深め、事業の質と施設の魅力を高めます。
舞台系芸術は、ハード・ソフトの一体対応によるメリットと、専門顧問の活用により、質と独自性の高い事業展開を図ります。
平成28年度:事業計画書・予算書
28年度予算書:事業計画書
28年度予算書:収支予算書
28年度予算書:資金調達および設備投資の見込みについて
平成27年度:予算書
平成27年度:決算書
平成26年度:予算書
平成26年度:決算書
平成25年度:予算書
平成25年度:決算書
平成24年度:予算書
平成24年度:決算書
平成23年度:予算書
平成23年度:決算書
平成22年度:予算書
平成22年度:決算書
平成21年度:予算書
平成21年度:決算書
平成20年度:予算書
平成20年度:決算書
Page top
地図
電話
お問い合わせ
twitter
練馬区
公益財団法人練馬区文化振興協会